BACK > DAYS - 一覧表示 - カレンダ表示 > 2004年10月(31) - 逆順表示

 集団行動は苦手なので『付かず離れず』の姿勢を貫いてしまう - 2004/10/01(Fri)

5日に、職業訓練学校の知り合いの主婦が名古屋から千葉に戻るとのことで、
送別会を開くそうだ。
自分がギリギリの位置で踏ん張っているせいか、他人を思いやる余裕が無く、
特に寂しくなるとも思わない。
というより、近所に住んでても、年に一度か二度しか会わないような頻度の知り合いよりも、遠距離でもマメにちょくちょくメールでも電話でも繋がる人の方が気持ちの上では通じ合えている分、
タイムラグが少ないように思う。


 OUT - 2004/10/02(Sat)

一部のマニアの間でこっそり愛されていたアニメ雑誌(10年前に廃刊)の読者だったということをカミングアウトしたら、ぞろぞろと元信者が釣れる事・・・。
http://van-dan-emon.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi
(No.4033)

やはりコチラのサイトの管理人さん及び常連さんは素敵すぎる♪

http://van-dan-emon.web.infoseek.co.jp/index.html

今のアニメファンなんて昔より確実に市民権を得たよなあ。
一般人でもガンダムやライダーの話題を平気で口にするので、
それまで普通の人の振りをしてきたオタクどもはココぞとばかり、口プロレスに参入する。
メイド喫茶や巫女茶屋が一般的に定着してるとこでも、そう思う。
で、OUT誌は普通のアニメ雑誌のようで、
巻頭ページこそアニメのカラー特集があるが、中身の実態はハガキ職人育成ギプスのような構成だった。
かつて参加した読者の集会だと、雑誌によく掲載される常連、つまりイラストが上手い人とか、笑える小ネタを繰り出せる人が会場に居たりすれば、神扱いされて、
俺のように年に一度か二度掲載される程度のへっぽこハガキ職人は、自己紹介で自分のペンネームを名乗っても、誰も知らないということで、実に薄ら寒い思いを味わったものだった。
今だと、ハガキというよりも、ネットでシンパシーを見つけ、有名サイトで掲示板があろうものなら、とにかく書き込みしまくってれば、あわよくばリンクしてもらえたりして、有名サイトのリンクを辿られて、
『ココのサイト、何となく見たことあるなあ。』ってな感じでコバンザメのように地味に目立てたりするチャンスが多い、それで、かつてのような投稿職人の
『いかにして編集者、採用係の心を掴むか。』
というような、血の滲むような努力を必要とされなくなり、
ちょっと薄味になったかなあなんて思ったりもする。
ハガキ職人の原点というのは、
雑誌の読者参加コーナーは勿論のこと、
テレビ(欽ドン)やラジオ(オールナイトニッポン)等でも手腕が試されたものだった。


 ナマ鳥肌<加筆修正予定> - 2004/10/03(Sun)

細々とリアルで用事が多いので講演会の感想は後日にでも。


 男なら - 2004/10/04(Mon)

あれだけ風呂敷広げて大見栄切っておいて尻すぼみっつうか、コロコロ方針変えやがって。


 飲み会 - 2004/10/05(Tue)

よく飲んだ。この数年、最初から最後までビールになったなぁ。前なら、ビール→日本酒かビール→バーボンのコースだったけど。


 携帯から更新 - 2004/10/06(Wed)

平日にネットする時間がパッタリ減ったなぁ…。 サイトのお飾りスクリプト修正するのも面倒…。 で、昨日、仮住居としてブログを活用しようと思ったけど、携帯とパソからも更新出来るブログを探し中。


 悪菌 - 2004/10/07(Thu)

外してみた。対象相手と電話したからってのもある。もう違う次元の話題になってたからだ。 まぁ、今でもリアルの知り合いにはココは秘密にしていたいのだが。



 [前の7日表示]   [DAYS]   [次の7日表示] 



- 今日の一言 Ver1.5 -