BACK > DAYS - 一覧表示 - カレンダ表示 > 2003年10月(31) - 逆順表示

 醜いイソターネットが恋しい。 - 2003/10/01(Wed)

パソを修理に出したのは九月の三日だった。それからというものはネットから遠ざかっているのだが、修理に出してから、阿藤 海じゃなくて、○藤 あいの隠し撮り温泉入浴シーンが出回っていることを知った。見たい!見たいよぅ!(ブブ◎で立ち読みはしたけど、本物っぽい)。WIN‐○Xさえあればちょちょいのちょいなのになぁ。Macがどうやっても窓に適わないのは○Xや○innyといった共有ファイルが無い点だろう(違)


 誰もやらないことをやる? - 2003/10/02(Thu)

職訓からの知り合いの生友仲間が起業すべく準備に追われている。周りを見回しても、普通に勤めている人がほとんどで、リスクを伴う独立をしようなんて発想は持っていない。だが、こうして道を開いていこうとする事って凄いなぁって素直に思う。金をケチって車を持たず(実は盗まれたのだが、それ以来、車を持たない。)、携帯でメールするのを嫌がる(パケが掛かるから。)。軌道に乗ったら広報担当(サイト管理)で雇ってもらおうかなぁ。


 虚勢を張り続けるのは劣等感の裏返しなのか - 2003/10/03(Fri)

 Y田はかつての知り合いの彫金職人 
Y井(シルバーとかゴールドを加工してリング、バングル、ペンダント・トップを作る人。)に何処か似ているような気がする。Y井は某シルバーアクセサリーの工房で修行しつつ、バイク屋、献体の配送等で食い繋ぎ、彫金の世界で独立した。そんな彼は普段は温厚で大人しいのだが、
酒が入り指輪のデザインで自分が描いた原画に、お客がもうちょっとこうして欲しい。って言うと、
『あなたは作り手の気持ちが分かっていない』なんて叫びだして机をドン
と叩き切れだす。中華料理の店主を相手にしていたので、話し合いは店内である。
なので、店内の客は突然の出来事に唖然としてしまう。途端に彼は帰ると言い出したりして、周囲の仲間を慌てさせる。
度々、そういう面が見受けられ、俺も振り回されるのに疲れてしまい、徐々にY井からフェード・アウトしていった。
せっかくの腕前とクリエイティブな職業だというのに自ら間口を狭めていくようなタイプであった。
 Y田を仲間のイベントに呼ぶと、
そこでは大人しい。
それから数日して、俺にメールしてくる。
内容は自分に対してみんな冷たすぎるとか、場所が遠すぎるとか、勝手だとか・・・。
メールのレスに困って返信しないでいると、
シカトですか?ってまたメルが来て、
俺を批判し始める。いい加減だとか・・・。他は忘れたけど。
で、メールはいつも知らない漢字を使ってくるので解読できなくて、意味が通じて来なかったりする。
“顰蹙(ひんしゅく)”、“取り溢す(とりこぼす)”とか・・・。
普通に読めなくて困ってしまう。
 こんな彼とどうして関わる事になってしまっ
たかというと、俺が一年前の夏に大型免許を取りに行っているときに牽引免許を取りに来ていたのが彼だった。教習後に教習所のベンチで一服していると、彼の方から話しかけてきた。そのときは至って普通の青年だった。教習所の狭い空間であり、
30代という教習所では仲間が作りづらい世代であり(教習所は圧倒的に普通自動車免許を取りに来ている10代後半が多い。)。話していくうちに、ジェットスキーも趣味でやっている
と言うので、俺も興味があったので、やってみようかと思ったのであった。それで少しづつ遊ぶようになっていくのだが、徐々にキャラが変わってきてしまった。 
言っている事が前と違うことや、
イベントでもちょっと気に食わないことがあると顔を真っ赤にして途中で帰ると言い出して場の空気を一気にダークにさせたり、
俺はそれを見て、また始まったかって呆れるのだが・・・。
俺がMG−Fを運転していると、運転を変わってくれと言って、自分は大型二種も持っているから運転には誇りを持っていま
すと言って自慢して飛ばしまくる。俺は助手席でどうにも落ち着かない。
こうやって書いててふと思う。彼と関わる事で得することってこれからあるのだろうか?
せいぜい、ジェットで遊べるのかも知れないが、そのときは、また自慢が始まって、遊んだ帰りに俺に文句を垂れたり愚痴をこぼしまくるのだろうか?
前述のY井はまだ携帯も普及していなかった頃であり、
連絡も自然に途絶えさせられたのだけど、仲間との掲示板も書き込みができればメールもできるしで、切ろうかどうか悩みながらも、適当な距離を置いて付き合っていくのが得策なのかも。


 見積森亜土 - 2003/10/04(Sat)

パソを修理に出している○゛ガス○西(ココで三年前にパソ購入)から電話。『お客さまが修理を依頼されている○ECのパソコンの御見積りが上がりましたー♪』などと…。おいおい修理出して一ヵ月だぞ。直ったのかと思ったら、見積もり料金の案内で、それを了承してから修理に入りそうだが、いくら何でも遅すぎる〜!!まさか海外に修理を出してるワケじゃないだろうに。


 ツーリング日和 - 2003/10/05(Sun)

やっとバイクの修理も終わり、土曜にモトプランに引き取りに行って、久々に我が愛車を乗る機会を味わえた。日曜はクラブのツーリングで琵琶湖まで走ってきた。愛車についてはポジションは気にならないが、強制開閉のTDMRキャブレターのセッティングがバラバラっぽく、峠の下りではアクセルを不用意に開けられなくてパワーがある分、逆に乗りにくさを倍増させてしまっている。エンジンは回せば回すほど楽しいのだが…。最近、新しい1000DSか水冷のS4にも興味が出てきた。今のをいじり続けるより買い替える方が安上がりだったりして。しかし金が…。


 直ったらしい - 2003/10/06(Mon)

ギ○゛ス○西から電話。とうとうPCも修理できたとのこと。長い!長かった!この秋は、まるで天罰でも下ったかのように出費がかさむなぁ。金の掛かる事はなるべく避けたいからバイクも余り乗らないでいたら点火系がいかれるし、車は車検だし、パソはデッキの開閉が駄目になるし、無線LANのコネクターも故障。もう嫌ー!


 真っ更 - 2003/10/07(Tue)

PCも何とか直り、これで再び楽しいネットライフが送れる♪なんて思い、接続してみたら、今まで落としたり入れてきたソフトは空っぽ。つまり完全な初期状態に戻って帰ってきた。DVDデッキの開閉しか壊れてないからハード系の修理だと思って安心してたのが甘かった。また1から自分仕様に戻さないとならない。プリンター、ワード、エクセル、ネスケ、オペラ、ここのHTMLファイルも無くなったので、FFFTPを再び落としてDLしなおさねばならない。うまく行くといいが…。



 [前の7日表示]   [DAYS]   [次の7日表示] 



- 今日の一言 Ver1.5 -